Photo Gallery

扁桃体 ブログ用

扁桃体への入力は低位経路と高位経路の2つがあります。

低位経路・・・情動刺激→視床→扁桃体→情動反応
高位経路・・・情動刺激→視床→感覚皮質→扁桃体→情動反応(情報の伝達が遅い)


扁桃体は痛みに対する不快や恐怖などが関与するところです。活動には個人差がありますが、

例えば、良くあると思いますが、認知症の方でセラピストの顔や名前は覚えてないけど、「あっ、この人はしかめっ面をしたり、痛い思いをした経験をある人だ」と思いだし、リハビリ拒否をされる方がおられると思います。これは扁桃体の働きによるものです。

また、拳銃を向けられた瞬間にハッと構えて過緊張になったり、震えたりする反応がでるのは低位経路の働きです。向けられた拳銃に対して、「ハハハ、なんですかそれは?(笑)おもちゃですか?」となるのは高位経路といった具合です。

ラットの実験においては痛みを与えると扁桃体の活動は上がります。非常にシンプルな活動をします。

例えば、電車に汚い恰好をして汗ダラダラのおっさんが隣に座ろうとしてきた時なんかは、扁桃体バリバリに活動しています。

そして実験においては、扁桃体の活動が上がってしまうと、内側前頭前野の活動が減少してしまいます。

つまり、前頭前野の活動が下がるという事は意欲が下がるという事になります。

よって、リハビリテーションにおいては「基本、患者に恐怖は与えるべきではない。(特に急性期)」という事です。恐怖を感じてしまうと、扁桃体が過活動となってしまう可能性からです。また、それが記憶に残ってしまいます。それは、海馬と扁桃体は隣り合っているからです。恐怖体験は記憶に残すようになっていて、その体験はずっと心の傷として残ったりするのです。

したがって、リハビリテーションを行う上で、オリエンテーションをして患者さんに安心感を与えるべきなのです。

これは運動負荷でも同じことが言えます。

ラットの実験で、ラットを意図的に脳卒中になった状態にして、水のいっぱい入ったバケツで3時間泳がせます。この後、ラットの脳にはダークニューロンが生じ、ネットワークに破綻をきたしていました。

つまり、運動負荷をかける上でも、不快な運動はかけるべきではないという事です。

※関連記事
関連:10分でわかる脳の構造と機能-畿央大学
動歩行において、Mid Stanceの時は重心は支持基底面の中に入っていません。

それに比べ、片脚立ちや静歩行をしている時は重心は支持基底面の中に入っており、中に入るまでウエイトシフトが起こっています。

これは内部モデルを考える上で大切なことなんですが、セラピストは訓練の中で下肢の支持性を高める目的や、歩行の安定性を高める目的で片足立ちの練習をしたり、ウエイトシフトの練習をする人もいると思います。

しかし我々は、歩行中には重心はほとんど左右に動かさずに歩いています。

「重心の押し付け合い」が起こっているのです。(重心を左右にブレさせまいとしている)

これが歩行中のウエイトシフトの事実なのです。

つまり、内部モデルを考えた上では、片足立ちの練習なんかは歩行に反映されないのです。

じゃあどういう練習をしたらよいのか。

例としては、ボールを手に持って立って、そのボールをできるだけ左右に動かさないように足踏みをする練習です。

※関連記事
関連:歩行分析・動作分析・姿勢分析のためのオススメ参考書
カップリングモーション(Coupling motion)とは
脛骨が外旋すると脛骨が外側傾斜してくる動きがでてくる
脛骨が内旋すると脛骨が内側傾斜してくる動きがでてくる



というものです。荷重位で脛骨を外旋させようとすると、外側傾斜してきてしまい、これが(変形膝関節症を代表とする)内反変形の始まりだと言われています。

膝の完全伸展をする際に、screw home movementで脛骨の外旋が必要になるのですが、高齢者の人たちは荷重位で大腿骨の内旋ができないので、脛骨を外旋させその結果、下腿が異常に傾斜してきているのです。

無理やり下腿を外旋させる事をしているので、足部の外側ユニットも崩れてきています。

OAのおばあちゃんで外反変形して、外側のアーチが崩れている人よく見かけませんか?

こういうメカニズムで変形が起こっているんですね。
ラテラルスラストの最大の原因は腸脛靱帯にぶらさがってしまうという内部モデルを構築してしまっていることが問題なのです。

よーく見てみると、彼女らの遊脚後期は、最後の接地点は内側にヒュっと持ってきているのです。

これは腸脛靱帯の緊張を高めて、外側の支持性を腸脛靱帯に預けようとしているから起こっているのです。

健常者の膝の外側の支持性の主役は「外側側副靱帯」がになっているのですが、変形膝関節症のおばあちゃんは腸脛靱帯がメインに働いてしまっていて、これでは2関節筋が関節を固定することになり、グラグラしてしまうのは当たり前ですよね。

なぜこんなことになってしまったのかというと、膝が曲がっているからです。

膝は屈曲0°~10°までは外側側副靱帯(LCL)で屈曲10°以降は腸脛靱帯(ITB)が働いているのです。

つまり、膝の0°~10°の伸展が出るようになるとラテラルスラストは止まってくるのです。

ただ、臨床的には屈曲5°程度までの伸展が必要になると思われます。

若い健常者で腰や股関節を痛めた人はたいてい患側方向に体幹を側屈させて歩行させて歩いたりしますが、高齢者で頸部骨折術後のリハの患者さんは、患側のstanceで骨盤が患側方向にスウェイすることが多くないですか??

患側の方が弱いのになぜ患側方向に骨盤がスウェイするのか?

股関節の側方制動ができないくせに、横に骨盤がスウェイすることが多いのです。

何でこういう事が起こっているかというと、立脚の最初から大腿筋膜張筋に預けてきているためなのです。

大腿筋膜張筋自体が筋緊張を高めているのではなく、大腿筋膜張筋の緊張を高めるために、外側広筋を高めているのです。外側広筋は腸脛靱帯と筋連結があるからです。

良く立脚初期に腸脛靱帯の部分が痛みがあるという訴えのある患者さんがおられます。

PTの中には、「ああそこは手術で切ったところなので、痛くなりますよ」なんていう人もいますが、そうではないんです!本当に痛みを訴えている場所は術創部ではないのです。

何が起こっているかというと、外側広筋と腸脛靱帯の筋膜の滑走が円滑に行われていないために、痛みが起こっているのです。

この場合、外側の筋膜を緩めるようにさすっていくと痛みが取れてきます。

WHAT'S NEW?