Photo Gallery

訪問介護は一般的にホームヘルプサービスと言われ、掃除、洗濯、買い物などの家事や、食事、排泄、入浴などに介助が必要な場合に受けることができます。

臨床では、退院後に在宅で生活していく患者さんで、特に独居の方で、利用頻度の多いサービスになります。

サービスを提供する人は、訪問介護員(ホームヘルパー)と呼ばれ、介護福祉士1級、2級のホームヘルパー養成研修や介護職員基礎研修を修了した人がなることができます。

◎要介護1~5の方が対象になるのは・・・訪問介護で、「身体介護」「生活援助」の二つの区分があり、それぞれに料金が異なります。「生活援助」は一人暮らしで、家族や地域の協力が得られない場合にのみ(⇒つまり、同居家族がいる場合、原則利用できませんが、市町村によって判断が異なります)利用できます。

◎要支援1~2の方が対象になるのは・・・介護予防訪問介護で、本人が自力で家事を行うのが困難で、一人暮らしで、家族や地域の協力が得られない場合にのみ(⇒つまり、同居家族がいる場合、原則利用できませんが、市町村によって判断が異なります)、身体介護と生活援助の区分はなく、利用回数による定額制で利用できます。

<身体介護>
・食事介助
・排泄介助
・衣類の着脱介助
・身体整容
・入浴介助・清拭
・洗面
・体位変換
・移乗・移動介助
・通院・外出介助
・就寝・起床介助
・歩行訓練の介助
・自立支援のための見守り援助
・特段の専門的配慮をもって行う調理

<生活援助>
・掃除
・洗濯
・衣類の整理・補修
・一般的な調理
・配膳・下膳
・買い物
・薬の受け取り

※生活援助とならないサービス
(以下の事はヘルパー利用の際、サービスとして行ってもらえません!注意しましょう!)

・利用者以外の者の洗濯、調理、買い物、布団干し
・主として利用者が使用する居室以外の掃除
・来客の応接(お茶、食事の手配など)
・自家用車の洗車
・庭の草むしり
・花木の水やり
・犬の散歩やペットの世話など
・家具、電気機器などの移動、修繕、模様替え
・大掃除、窓のガラス吹き、床のワックスがけ
・室内外家屋の修理、ペンキ塗り
・植木の剪定などの園芸
・正月などの特別な料理

・・・例えば、「お客さんが来る部屋が散らかっているから、ヘルパーさんに片づけてもらおう。」とか、「外の犬の世話が今後難しくなるから、ヘルパーさんにお願いしよう。」というのは認められていません。

ただ、これらを保険外でしてもらったり、市区町村の生活支援事業シルバー人材センターなどを紹介して行ってもらう方法はあります。

(高室成幸:図解入門ビギナーズ 最新介護保険の基本と仕組みがよーくわかる本 (How‐nual Beginners Guide Book):2012)


(杉田まどか:現役ケアマネが教える最新介護保険利用のしかた:2012)


(國光登志子:図解 介護保険の上手な利用術:2007)

WHAT'S NEW?