Photo Gallery

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
昔と比べて、現在は高齢者用の靴の機能は多様化しており、デザイン性を重視した靴の種類も増え、場に合わせた選択ができるようになってきました。

リハビリテーションの実際の場面で、理学療法士が「歩行練習をしますので、スリッパではなく靴を履いてきてください。」と患者さんやその家族にお願いした時に、どのような靴を用意してくるでしょうか?

その際に、その靴が適切な靴であるかどうか、理学療法士が評価し、適切でない場合には新しい靴を購入していかなければなりません。

しかし、現在のリハビリテーションでは「靴をどう選んで、どのように履くか」という事に関しては定着しておらず、目的に応じた選定ができていない場合もあるのが現状です。

高齢者の転倒に関して、亀井らの報告では、65歳以上の高齢者の約1/4が1年以内に転倒を経験しており、その6割以上が屋外で転倒しており、さらにその中の8割が靴を履いて歩行している時に転倒しています。転倒の原因については、身体的なものや、認知的なものももちろんありますが、靴を適切に履いていないためという原因もあります。

実際に、高齢者本人はどのような判断で靴を選んでいるかというと、ある調査によれば「足にぴったりだ」「脱ぎ履きが容易だ」という理由がほとんどを占めています。

以上の理由のみで靴を選んでしまうと、例えば柔らかすぎるアッパーやソール、ヒールカウンターのない靴で歩き続けることで、足に負担がかかり、外反母趾・胼胝・巻き爪などの変形をはじめとする足のトラブルを引き起こすことになります。

高齢者に限らず、足によい靴・よくない靴を以下に示します。

○足によい靴

・前足部の締め付けがない
・ひもやマジックバンドなどで調節ができる
踏まずしん(シャンク)が入っている
・踵を保持する月状しんが入っている
・足趾を保護するための先しんがはいっている
・前足部の靴底と、踵の高さの差が1~2㎝程度

○足によくない靴

月状しんが入っていない
・軽いが薄くて柔らかすぎる
・靴底が薄くて硬い
・ひもなどで調節ができずに、靴の中で足が前方に滑る
腰革のかぶりが浅い(脱げやすい)
・踵が高すぎる

(坂口 顕:理学療法士のための足と靴のみかた:2013)

スポンサーサイト
糖尿病患者さんで初期の段階の方は普通の靴で問題はないが、症状が進行している方であると普通の靴では適応とならなくなります。

なぜ、糖尿病の人に特別な靴が必要なのか?

ではどのような靴を選定すべきなのか?

これらの問題を理学療法士を始め、医療スタッフが患者・家族に説明し、理解していくことが今後の患者さんのADL獲得に大きく差をつけます。

その際の注意点も確認していく必要もあります。

糖尿病の三大合併症の一つであり、最も早期に出現するのは糖尿病性神経障害となります。糖尿病性神経障害とは運動神経障害知覚神経障害自律神経障害の総称であり、どれも糖尿病性足病変の重大な要因となります。

☆運動神経障害では足趾の変形が生じ、市販の靴ではサイズが合わなくなる

運動神経障害によって、筋肉・腱組織のバランスが崩れると足趾が変形していきます。代表的な例として、外反母趾、内反小趾、hammar toe、claw toeなどがあります。このような足になってしまうと、市販の規格靴ではサイズが合わなくなり、歩行時の圧迫やずれによって趾尖部や関節などの突出部に胼胝鶏眼(うおのめ)を形成します。

☆知覚神経障害では、痛みを感じなくなり傷も感じない

通常は、胼胝や鶏眼(うおのめ)は歩行時や荷重時に非常に痛く感じますが、知覚神経障害があると痛みを感じないため、気づかなくなります。また、サイズの合わない靴を履き続けても気づきません。このため、胼胝や鶏眼(うおのめ)が悪化し、そこに菌が感染して足が真っ赤に腫れ上がって初めて受診する患者さんも少なくありません。

☆自律神経障害では、感染に対する皮膚の防御機能が弱くなる

自律神経とは呼吸、循環、代謝、体温調節、消化、分泌、生殖などを無意識に行われている機能を調節する神経であり、この神経が障害されてしまうと、発汗機能も障害されるので、皮膚は乾燥し、皮膚の亀裂から菌が入り込み、感染に対する防御機能が働かない状態となってしまいます。

このため、糖尿病患者さんは足に傷がつきやすい環境下にあり、傷ができても自覚がなく、悪化させやすいという悪循環に落ちいりやすいため、適切なフットケアを行い、胼胝や鶏眼、傷をつくらせないことが非常に重要なのです。また、糖尿病患者さん本人も自分の身体に関心が低い人が多く、異常があってもすぐ診察を受けずに、重篤化するケースもあるので患者教育も大切になります。

また、すでに傷ができている患者でも、フットウェアで除圧するだけで治癒することもあります。やむを得ず、足趾の切断に至った患者さんでも、適切な対応で早期のリハビリが可能となります。

適切なフットウェアが3年後の再発率を60%から30%に減少させたという報告もあり、再発予防としても重要な役割を果たしています。

そこで、靴選びに関してですが・・・

糖尿病性足病変に適応となる靴の機能としては、足に傷ができにくく、既に足に傷がある場合は治癒の進行を遅らせない事が大切です。

適応となる靴の種類としては、免荷用靴糖尿病患者向け規格コンフォートシューズ靴型装具の3つがあります。

★免荷用靴
潰瘍の治療、術後の早期リハビリが必要な場合に使用します。前足部や後足部がくりぬいて免荷の状態になったものなど種類があります。

★糖尿病患者向け規格コンフォートシューズ
これは糖尿病患者向けに製作された規格靴です。骨突起部に縫い目がなく、あたりが柔らかくつくられています。足に変形があり、傷ができやすい人が適応となります。

★靴型装具
これはまず、足の採型を行い、オーダーメイドで製作する靴です。適応としては、規格靴では対応できない重度の足変形の状態か、足部の切断がある方です。

以上が屋外で履く靴についてですが、糖尿病患者さんの場合、屋内での履物も重要となります。

家の中でも、裸足で歩くと硬いものを踏んだり、何かに足をぶつけて傷ができる可能性があります。

本当は屋内でも、屋外と同じ靴を履くことが好ましいのですが、屋内で靴を履くことに抵抗感がある方は、ルームシューズが良いのではないかと考えられます。

また、靴下に関しても、足を清潔に保つために毎日替えることが重要です。その時、靴下に血液などが付着していないかチェックすることで傷の早期発見につながります。また、足尖部に縫い目がないものや、下腿部の締め付けが弱い物など、糖尿病患者用の靴下も市販されています。


(坂口 顕:理学療法士のための足と靴のみかた:2013)


WHAT'S NEW?

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。