Photo Gallery

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
血圧計

脳卒中後の特に急性期においてはどの程度の血圧で降圧する必要があるのか、そのDr.の治療方針をセラピスト側もある程度認識しておく必要があるかと思います。

例えば、脳梗塞を発症して急性期は、脳血流自動調節能(脳血流量を一定に保つ機能の事で、身体の血圧が急に変動しても、脳の急な血圧変動を防ぐ機能)が失われているために、血圧低下により局所脳血流量は低下しています。そのために安易な降圧によって、梗塞巣およびペナンブラの脳血流量が低下し、梗塞巣を拡大させてしまい、症状を悪化させる危険があります。

つまり、脳梗塞の急性期では原則として、降圧はしません。

しかし、大動脈解離や急性心筋梗塞、うっ血性心不全、腎不全などを合併しており、高血圧が原因でそれらの症状が悪化する場合は、慎重に降圧をしていきます。

ラクナ梗塞、アテローム血栓性脳梗塞、心原性脳塞栓症などの脳梗塞の急性期では、基本的に降圧は行いません。安定した状態での血圧測定を反復して行い、収縮期血圧220mmHg以上または、拡張期血圧120mmHg以上が持続する場合は慎重な降圧療法が推奨されています。降圧目標としては、前値の85~90%とされています。

脳出血に関しては、収縮期血圧180mmHg以上もしくは、平均血圧130mmHg以上で降圧し、外科的治療を施行する場合は、より積極的な降圧が推奨されています。降圧目標としては前値の80%です。

(田中耕太郎、高嶋修太郎:必携 脳卒中ハンドブック:2011)


※関連記事
関連:10分でわかる脳の構造と機能-畿央大学
スポンサーサイト

WHAT'S NEW?

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。