Photo Gallery

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
認知症患者に必要な睡眠 ブログ用

認知症のある患者さんで、夜間に睡眠がとれず日中の活動性が低下し、リハビリテーションの時間に十分なパフォーマンスが得られず、身体機能の回復を阻害する要因になったりという場面が良く見られます。

睡眠には、心身の疲労回復や、成長・発達を促したり免疫機能を高めたりという役割があります。

夜間に十分な睡眠がとれない事によって、集中力の低下や食欲不振、パフォーマンスの低下などが生じ、さらにそれが廃用症候群や認知症の悪化につながる可能性があります。

そうなると、日中に今度は寝てしまうようになり、夜間に目が覚めてしまう「昼夜逆転」現象が起きてしまい、食生活などの生活リズムが乱れて悪循環となってしまいます。

では、眠れない原因は何でしょうか?

①身体的な原因

②心理的な原因

③生活環境からの原因

では、具体的に睡眠を導くためにどのような事ができるでしょうか?

○睡眠を導くためのケア

①睡眠中の身体が安全に確保される
・誰かがすぐ駆け付けられるよう、コールの位置を適切な場所に置きます。
・ベッド周囲の整備をします。(手が伸ばせる所にティッシュや、飲み水など必需品を置いておきます。)
・ベッド上で体動が激しい人や掛け布団を落とす人は、ベッド柵をします。
・点滴やカテーテルなどが安全に確保されているか確認します。

②身体の安楽を確保する
・身体の苦痛の症状に対して、適切な処置をし、症状に合わせた対症療法を行います。
・夜間に心地よく寝るために、日中に少し疲れる程度の運動を行います。
・適度な食事をとり、夕食後は刺激の強い飲み物は避けます。
・水分の出納バランスに注意し、寝る前に水分を取らなくてもいいように、日中に十分水分を取っておきます。
・適切な歯磨き、洗面、結髪を行います。
・枕の高さなども考慮し、リラックスできる姿勢に整えます。
・就寝前にマッサージや、指圧なども試みます。
・就寝前に排泄は済ませて置き、清潔に保ちます。

③心を満たす
・寝る前は読み物や、テレビなどは避け、心を落ち着かせ穏やかな音楽を聴いたり、香をたくのも効果があります。
・無理に寝る努力を強いたりしない。
・会話を望む場合はその場を設けます。
・不安で眠れない人は、その場に一緒にいて不安を解消するようにします。

④環境を整える
・室温、湿度、風向きの程度を季節に合わせて考慮します。
・排泄物や、食べ物は素早く処理し、臭いの強い物などはそばに置かない。
・常夜灯など取り入れたり、照明のスイッチにすぐ手が届くように工夫します。
・足音、ドアの開閉、話し声などが大きくならないように注意します。
・寝巻や寝具なども好みに合ったものにします。
・布団も重たい物ではなく、軽い物にし、シーツのしわは伸ばしておきます。

⑤睡眠薬の使用
・睡眠薬は神経症、不隠にて入眠が困難な場合の最後の手段です。
・服用については指示された時間を守り、起床後も足がもつれたり、ふらふらしたり、ぼんやりしたりしていないか確認します。
・寝付きの悪い人は服用を早めて、日中に残らないようにします。

(六角 僚子:認知症ケアの考え方と技術 第2版:医学書院:2015)


※関連記事
関連:扁桃体とリハビリテーション
スポンサーサイト

WHAT'S NEW?

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。