スポンサーサイト

 --, -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大腿骨頸部骨折の術後の高齢者の典型的な歩き方

 11, 2013 14:12
若い健常者で腰や股関節を痛めた人はたいてい患側方向に体幹を側屈させて歩行させて歩いたりしますが、高齢者で頸部骨折術後のリハの患者さんは、患側のstanceで骨盤が患側方向にスウェイすることが多くないですか??

患側の方が弱いのになぜ患側方向に骨盤がスウェイするのか?

股関節の側方制動ができないくせに、横に骨盤がスウェイすることが多いのです。

何でこういう事が起こっているかというと、立脚の最初から大腿筋膜張筋に預けてきているためなのです。

大腿筋膜張筋自体が筋緊張を高めているのではなく、大腿筋膜張筋の緊張を高めるために、外側広筋を高めているのです。外側広筋は腸脛靱帯と筋連結があるからです。

良く立脚初期に腸脛靱帯の部分が痛みがあるという訴えのある患者さんがおられます。

PTの中には、「ああそこは手術で切ったところなので、痛くなりますよ」なんていう人もいますが、そうではないんです!本当に痛みを訴えている場所は術創部ではないのです。

何が起こっているかというと、外側広筋と腸脛靱帯の筋膜の滑走が円滑に行われていないために、痛みが起こっているのです。

この場合、外側の筋膜を緩めるようにさすっていくと痛みが取れてきます。

COMMENT - 0

WHAT'S NEW?

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。