スポンサーサイト

 --, -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

臨床での身体重心の求め方

 09, 2014 10:22
静止立位での身体重心の位置は第2仙椎の高さにあり、身体を100%とした場合に、男性では床から56%、女性では55%の位置にあると言われています。

ただし、臨床において動的立位ではこの方法では、身体重心の位置は特定できません。

こういった場合、臨床では福井先生の提唱する上半身重心と下半身重心の中点を求める方法で簡易的に見ていきます。

身体重心の求め方 ブログ用 (2)

上半身重心:第7~9胸椎

下半身重心:大腿の上から1/3と1/2の中点

身体重心:上半身重心と下半身重心の中点

(嶋田 智明:よくわかる理学療法評価・診断のしかた―エビデンスから考える:2012)


※関連記事
関連:歩行分析・動作分析・姿勢分析のためのオススメ参考書

COMMENT - 0

WHAT'S NEW?

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。