脳卒中再発の予測

 11, 2013 19:51
脳卒中は動脈硬化を基礎とする疾患であり、今回発症した部位以外の動脈にも硬化を生じている可能性があり、再発しやすい疾患だと認識しておく必要がある。


○1458例の虚血性脳卒中の調査で60例(4.1%)で90日以内に再発したとしている。

再発を予測する因子として大血管のアテローム(10.65)、時期の異なる多発病巣(4.27)、1カ月以内のTIA(一過性脳虚血発作)や脳卒中の既往(3.86)、多発する新鮮梗塞(3.65)、異なる血管支配領域の同時発症(3.16)、単発性皮質梗塞(2.07)が脳卒中再発の危険を増大する因子となっている。

このうちでオッズ比が一番最大のものは、大血管のアテロームで10.65であった。

(Ay H,Gungor L,Arsava EM,et al:A score to predict early risk of recurrence after ischemic stroke:2010)

COMMENT 0

WHAT'S NEW?