ADL動作に必要なROM

 18, 2014 16:02
道路の掃除 ブログ用

ADLの獲得のためにはおおよそ必要なROMが存在します。

各項目で標準的なROMを記していきます。

○タオルを絞る
手背屈0~20°
回内外0~45°
肘屈曲65~80°
肩屈曲25~45°


○カッターシャツのボタンをはめる
手背屈30~50°
回内0~45°
肘屈曲80~120°
肩屈曲10~15°
肩外転5~10°


○顔を洗いそして拭く
手背屈40°
回外70°
肘屈曲40~135°
肩屈曲15~25°


○丸首シャツの着脱
手背屈40°
肘屈曲120°
肩屈曲70°
肩外転0~45°
肩内外旋45°


○グラスの水を飲む
手背屈15~20°
肘屈曲130°
肩屈曲30~45°


○髪をとく
手背屈0~20°
掌屈0~40°
回外30~50°
肘屈曲110°
肩屈曲70°
肩外旋30°
肩外転110°


○かがんで床の物を拾う
股屈曲114°
股外転27°
股外旋24°
膝屈曲117°


○椅子への立ち座り
股屈曲112°
股外転20°
股外旋14°
膝屈曲93°


(今野孝彦:Ⅱc 日常生活動作(ADL)と上肢機能.これでできるリウマチの作業療法:1996)



○階段昇降動作
膝関節屈曲83°

○しゃがみ込み動作
股関節屈曲77°
股関節内転5°
股関節外旋3°
膝関節屈曲117°


○床からの立ち上がり動作
股関節屈曲93°
股関節外転5°
股関節外旋3°


○下肢へのリーチ動作
股関節屈曲101°
股関節外転8°
股関節外旋4°
膝関節屈曲106°


(酒井孝文 他:変形性関節症患者の動作分析:PTジャーナル 37(12):2003)



正常歩行のためには(膝関節)0~65°の可動域が要求され、下腿と同じ高さの椅子からの立ち上がりには100°、21cm高の階段昇降には115°、胡座には130°、正座や和式トイレ動作には150°がそれぞれ必要である。

(八木茂典:膝関節疾患の異常歩行に対するエクササイズの工夫:理学療法 19(4):2002)



○日常生活活動と必要な膝屈曲角度について

自動可動域
平行歩行:70°
階段昇降:95°
椅子からの立ち上がり:105°
自転車漕ぎ:110°


他動可動域
躑踞の姿勢:130~145°
正座:150~165°


※躑踞姿勢とは、しゃがむ、うずくまるような姿勢の事で庭の草むしりをする時などに要求される姿勢です。

(鳥巣岳彦 他 編:標準整形外科学 第9版:2005)


※関連記事
関連:最終域感(end-feel)の感じ
関連:歩行分析・動作分析・姿勢分析のためのオススメ参考書
関連:正常歩行に必要な関節可動域

COMMENT 0

WHAT'S NEW?